かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2009年12月21日

酒蔵に行こう

もやしもん」という漫画に影響されて、日本酒をちびちび飲むようになった2009年。

そもそも日本酒は、なんだか強烈で、臭くて、後味もよろしくない。
そんな風に思っていました。
先日、友達と忘年会と称して居酒屋でワイワイやりながら勢い余って飲んだ日本酒は、まさにそんな味だった。
一言で言うと「安酒!マズー(−−;)」という印象。


しかし一言で「日本酒」と言ってもそれこそピンからキリまである。


現在気に入っているのは秩父菊水酒造さんの「秩父小次郎 大吟醸」。
daigin40-04.jpg

そりゃ、「十四代」とか「龍神丸」とか間違いなく美味しい酒も良いんだけど、なかなか入手できないお酒っていうのは楽しく、気兼ねなく飲めないもんね。


7/21、日本酒の右も左も分からないボクがドライブがてら、いきなり単身酒蔵に向かい対応して頂いたスタッフの方にこのような質問。
「日本酒をこれから始めてみようと思うんですが、なーんにも分からないので教えて下さい」
おおまかに言うと、こんな感じ(笑)
スタッフの綺麗な女性が「普段はどんなお酒を飲まれてますか?」と質問され、それに答えると「それでしたら、大吟醸あたりが・・・」との事。
(本当は日本酒の味見をさせて貰えるのだけれど、ボクは自動車で行ったので味見はできず。残念!!)
言われるがままに買って帰ったのが秩父小次郎大吟醸。
爽やかな吟醸香がして、飲んだ後も嫌みがなく、ついつい2口目、3口目・・・とおちょこが進んでしまう。
クセがないので、和食のお供にぴったり。

この瞬間から、秩父菊水酒造のファン。


そして12/15、買って帰ったのが「にごり生酒」。
にごりって、ちょっとクセが強そうだな〜と思っていた。

お味の感想。
炭酸ガスがお酒の中に溶け込んでいて、プチプチした感覚がちょっと楽しい。こりゃ、酵母のパワーかな??
大吟醸よりも甘口で米麹の味もしっかり残っている。
いわば、白酒に近い。
好きな人とダメな人がしっかり別れそうな味。

ボクも「こりゃ、全部飲みきれるだろうか?」と心配になってきた。
しかし、生酒の面白いのはここから。
麹が生きているので、開栓後どんどん味が変化していく。
酒瓶の中で麹や酵母が「かもすぞ〜!!」と元気に働いているのだ。
飲み始めて3日目に気がついた。
あれ?酸味が強くなって、最初よりもぐっと飲みやすくなってきたぞ。
あら、こりゃスイスイーっといけるね♪
結果として、ちゃんと飲みきった。
しかも、美味しかったという印象付きで。

人によって、開栓した直後がいい人もいれば、2〜3日してからが良いという人もいるだろう。自分のお好みのタイミングを見つけるっていうのも日本酒の楽しみ方である。


ガイドブックや漫画で起きたブームに乗っかるのも良いけれど、自分だけのお気に入りの銘柄を見つけるのもとっても楽しい。
余裕があったら酒蔵に脚を伸ばしてみよう。
posted by かずま at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

ベルギービール、ブーングース

昨日自宅で飲んだビールがベルギービールの「ブーングース」というやつ。
ビールは濃い緑色のボトルに入り、スパークリングワインと同じようにコルクが施され、そのコルクが針金で固定されている。
ここまでしないと、ポン!とコルクが飛んでしまうのだろう。

コルクを外し、グラスにブーングースを注ぐと、泡が凄い。
グラスの中で、泡8:ビール2という割合になりましたよ(^^;
しばし時間をおき、泡が大分減ったところで再びビールを注ぐ・・・を3回ほど繰り返し、ようやくビール7:泡3くらいの割合に到達。

味見を・・・と、泡が口に入ってきたら驚いた。
酸っぱい!!
泡が酸っぱい。
ビール本体も酸っぱい。
酸っぱいブルーベリーを口に含んだ時の様な、爽やかな酸っぱさ。
でも、甘みは無い。酸っぱさと、ほのなか苦みのハーモニー。
「酸味」に弱いボクでも、美味しく飲むことが出来た。
が、おつまみもなしにコレばっかり飲んでいたので、最後の方は辛かったですが(苦笑)

デイリーポータルZの、ほそいあやさんの記事で「サミクラウス」というランビック(ランビック地方で作られたベルギービール。ブーングースもこの「ランビック」にカテゴライズされる)を飲んだ感想が
「三杯酢」「カニ身につけてたべたい」「カルパッチョ」という感想がでた。参加者全員これはアリの判定。

という感想が出るような味である。

気になる方は、一度お試しあれ。

ベルギービール、ブーングース の続きを読む
posted by かずま at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

欲しいお酒

ザ・マッカランファイン&レア1976年これ、凄く欲しい。
ボクと同い年。
・・・どう足掻いても手が出ない(涙)
posted by かずま at 13:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

今日のカクテル/キール

P1000063.jpgクレームドカシス 1
白ワイン 5


ワインにカシスリキュールを入れるだけで出来てしまう簡単カクテル。
白ワインのツンツンした感じが一気に円やかになる。
白ワインをシャンパンにすれば「キール・ロワイヤル」。
ちなみに、オレンジジュースとシャンパンだとミモザだ。
料理もカクテルも簡単で美味しいのが良いね!


 
posted by かずま at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

今日のカクテル/ロングアイランドアイスティー

P1000409.jpgラム 15ml
ウォッカ 15ml
テキーラ 15ml
ドライ・ジン 15ml
コアントロー 10ml
レモンジュース 30ml
シロップ 15ml
コーラ 適量

主要スピリッツを全部突っ込む強烈なカクテル。
最後にコーラを適量加えて出来上がり。
アイスティーを一滴も加えていないのに、アイスティーの味がするとっても不思議なカクテル・・・らしい。
アイスティーと言えるかどうかは微妙だったけれど(きっとボクの作り方が下手だったんだな・・・)、とっても飲みやすくて度数が高いのを感じさせなかった。
コーラを入れすぎると紅茶風味ではなくなるので、ほどほどに。

posted by かずま at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

今日のカクテル/ブルーハワイ

P1000376.jpgラム 1/2
パイナップルジュース 1/6
レモンジュース 1/6
ブルーキュラソー 1/6

ネット仲間のみゃゆ氏がグアムで沢山飲んだというブルーハワイ。何かの嫌味だったんだろうか??
アルコール度数は程々に高いけれど、パイナップルジュースの爽やかな甘みと、シェイクすることによってアルコール度数をそれほど感じさせない。それよりもレモンの酸味がパイナップルジュースとラムの甘さを際立たせている。これなら酒に弱い人でも軽く飲めてしまいそうだ。
鮮やかな水色がとても涼しげ。カットパイナップルを飾ればとってもお洒落。

posted by かずま at 13:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

本日のカクテル/アナトミア

P1000378.jpgクリスマスイブの夜に作ったカクテル。
ボクがお気に入りのダイニングバー「3BOZU PARADISE」にて出してくれるものを、我が家で作ってみた。
緑色の方はレシピを教えてもらったのでちゃんと作れたのだけれど、赤い方が何か違う・・・。また行って教えてもらうとしよう。

このアナトミアという名前は「実験解剖」という意味で、赤と緑のカクテルをスポイトで試験管に移して飲む。
赤、緑、それぞれをそのまま飲んでもOK、好きな分量で混ぜて飲んでもOK。まるで血液に緑色の薬品を混ぜているような様子は、まさに実験。
posted by かずま at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

今日のカクテル/ブルーピニャコラーダ

P1000374.jpgココモ 45ml
パイナップルジュース 45ml
牛乳 45ml
ブルーキュラソー 1tsp

ココナッツのリキュール「ココモ」を使って作ったブルーピニャコラーダ。
ココナッツの香り、そしてココモと牛乳の優しい甘さがリラックスさせてくれる。
抹茶ミルクのココナッツ版とでも言おうか。
本来は白いカクテルなのだけれど、横浜FCがJ2で優勝したのでブルーキュラソーを1tsp加えて水色に着色。
爽やかな色合いにしてみました。

posted by かずま at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

本日のカクテル/ブルーラグーン

P1000373.jpgウォッカ 30ml
ブルーキュラソー 10ml
レモンジュース 20ml

材料をシェイクして注ぐとすっきりした味のブルーラグーンが完成。
本来は彩りのためにレモンスライス、オレンジ、チェリーなんかを飾るわけですが、我が家にはそんなものはない!ということで、クラッシュドアイスで見た目を涼しげに。
ブルーラグーンとは“青い湖”のこと。
チャイナブルーとは違った、透き通る青が目に映える。
アルコール度数高めの酒なのだけれど、全く癖の無いウォッカ&レモンという組み合わせでアルコール度数の高さを感じさせない。



posted by かずま at 12:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

本日のカクテル/ピンクレディ

P1000372.jpgジン 45ml
グレナデンシロップ 10ml
レモンジュース 1tsp
卵白 1個分

カクテルグラス購入記念!ということで、見た目もきれいなピンクレディ。
上記材料をシェイカーに入れて強めにシェイクして出来上がり。
分量に占めるジンの量が多いので結構強めのカクテルだけれど、卵白を入れてシェイクすると不思議なことに口当たりがまろやかになる。
ボクはシェイクしすぎて卵白が泡立っちゃいました。ここまでしなくて良かったらしい。



posted by かずま at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

今日のカクテル/テキーラサンライズ

P1000368.jpgテキーラ 45ml
オレンジジュース 90ml
グレナデンシロップ 2tsp

オレンジジュースの黄色とグレナデンシロップの赤が見事なグラデーションを奏でる定番カクテル。
かき混ぜると朝焼けのような鮮やかな夕焼け色に染まる。
ミック・ジャガーが大好きだったとか。

ウォッカが何度も蒸留を繰り返し、さらに炭で濾過してできる限り雑味を取り除くのに対して、テキーラは2〜3回蒸留をして終了するのでやや不純物が多い。しかしこれが「うまみ」に繋がっているらしい。
オレンジジュースのフルーティーな味とグレナデンシロップの甘さでついつい飲んでしまうので、お酒に弱い人は注意しよう。


テキーラ  ハラナ テキーラ ゴールド  38度 1000L☆SUNTORY☆グレナデンシロップ
posted by かずま at 12:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

今日のカクテル/カンパリグレープフルーツ

P1000361.jpgカンパリ30ml
グレープフルーツジュース 適量

グレープフルーツの白濁色にカンパリの赤がよく映えるカクテル。
今回はグレープフルーツジュースを入れた後にカンパリを注ぎました。
そうすると、あら不思議。カンパリが下半分に沈み込んできれいなグラデーションを奏でてくれる。順番が逆だと、最初から桃色一色のカクテルの完成。
見た目の為に、カンパリは後から入れよう。

カンパリの苦味がグレープフルーツジュースの甘みを引き立ててくれる。
パスタによく合うと思います。
作るときに、氷を入れるのを忘れたのは内緒。

カンパリ 200ml
posted by かずま at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

今日のカクテル/ソルティドッグ

P1000337.jpgウォッカ 45ml
グレープフルーツジュース 適量

塩でスノースタイルにしたグラスに、ウォッカ、グレープフルーツジュースを入れるだけの簡単カクテル。
一番面倒なのが、グラスをスノースタイルに仕上げること。
これさえクリアできればゴールは目の前だ。

スノースタイルを作るには、水素結合を利用する。
キッチンペーパーに塩を広げて、グラスの縁をレモンでなぞる。で、すぐにキッチンペーパー上の塩の上にグラスを逆さまに押し付ける。これだけ。
濡れた手で地面に触ると、乾いている時と比べて砂が沢山つく、あの原理だ。

普通にストレートで飲むと酸っぱいグレープフルーツジュースだけれど、塩を舐めた後だと急に甘く感じる。
そう、スイカに塩を掛けるのと同じ原理だ。
また、塩には「舌をリセットさせる」という機能もある。アルコールとグレープフルーツの酸味で麻痺した舌をリフレッシュして、幾らでも美味しく飲めてしまう。飲みすぎに注意しよう。

ウィルキンソン ウォッカ 720ml 40度カゴメ グレープフルーツジュース果汁100% 200ml×24本伯方の塩(焼塩) 250g
posted by かずま at 13:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

今日のカクテル/ジンバック

P1000342.jpgジン 45ml
レモンジュース 20ml
ジンジャーエール 適量

ジンをジンジャーエールで割って、レモンを加えるだけというお手軽カクテル。甘くてすっきりした味わいなので何の食べ物にも合うと思う。
レモンが入るお陰でジンジャーエールの甘みが強く感じられて、甘すぎ!という人には、ウィルキンソンのジンジャーエールはどうだろうか?
これ、飲んだ後に「生姜の辛さ」がノドにやってくる。甘さもカナダドライに比べて控えめな気がするんですけど。

ビフィーター ジン40%700mLウィルキンソン・ジンジャエール・レギュラー瓶(190ml)
posted by かずま at 13:59| Comment(4) | TrackBack(1) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

今日のカクテル/ホワイトレディ

P1000341.jpgジン 1/2
コアントロー 1/4
レモンジュース 1/4

コアントローによる柔らかい口当たりの後にジンのキリッとした味が追いかけてくるカクテル。
甘くもなく、苦くもない。レモン、ジン、そしてコアントローによるオレンジの爽やかな香りと、アルコールが口内を暖める感覚を存分に楽しもう。
本来はカクテルグラスに入れるべきなのだが、我が家にはそんな上品なものがないのでワイングラスで代用。
温くなってくると美味しくなくなるので、早めに飲みきろう。


ビフィーター ジン40%700mLコアントロー 700ml 40度サントリー カクテル レモン 780ml
posted by かずま at 12:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

今日のカクテル/カンパリパイン

image.jpgカンパリ 45ml
オレンジジュース 30ml
パインジュース 適量

サントリーのサイトだと分量は異なりますが、材料は上記の通り。
オレンジジュースとパインジュースの口当たりの良さ、甘さの後にカンパリの苦味と香りが残るちょっぴり大人味のカクテル。
子供が「お酒を味見したい」と言ったときにはカンパリを飲ませてみよう。きっと20歳になるまでお酒を飲まない良い子に育つに違いない。

パイナップルジュースのコクのある甘みと飲んだ後に残るカンパリの苦味が好対照。

パイナップルジュースは酒販売エリアやペットボトル飲料販売エリアでは見つけづらいので、紙パック飲料販売コーナーで探そう。
トロピカーナなんかで見つかるはずである。

カンパリ 【ベビー】 200ml
posted by かずま at 14:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

今日のカクテル/抹茶ミルク

P1000332.jpg抹茶リキュール 1oz
牛乳 適量

抹茶リキュールと牛乳を混ぜるだけの簡単カクテル。
アルコールさえ入っていなければ、子供でも美味しく飲める。
抹茶リキュールがカルアリキュールになれば「カルアミルク」。
今回はマドラーの変わりに「抹茶ムースポッキー」をさしてみた。
甘いのが苦手な人はやめておいてね。


サントリーリキュール ジャポネ抹茶 【9月12日新発売】ムースポッキー抹茶 10入
posted by かずま at 10:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする