かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2006年11月27日

このBlogの配色について

前にも書いたような気もするけれど、まぁいいや。
このBlogの配色。
背景の「黒」は、目が疲れないように。黒板の様な濃緑でもいいんだけれど、ひとまず黒。
で、文字色の「白」とリンク色の「水色」は、これ横浜FCカラーなわけですよ。

納得できました??
posted by かずま at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

う〜ん、誰だろう?

昨日のお話。

あるお母さんが「子供が予約したゲームの、予約をキャンセルしたい」とお電話。
基本的に予約のキャンセルというのはお断りしているのがボクのスタンス。
ということで、当事者と思しき子供が「予約のキャンセルしたいんですけど」と来たので「予約キャンセルは原則としてお断りしています」と告げると、子供は一旦帰って行きました。
で、数時間後、再び店頭にやってきて「お店の電話番号教えてください」というので、教えてあげる。
直後にその母親からお電話。


う〜ん、誰だろう? の続きを読む
posted by かずま at 15:04| Comment(3) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

亀田が勝ったか負けたかの問題

ボクとしては亀田が勝とうが負けようがあまり気にしていないわけですが、今回騒動になっているのを見ていて思った事が2つ。

1、マスコミが「日本最強ボクサーが3階級制覇する!」って煽り過ぎてるから、反発がでかくなるんじゃないの?

人間は、誰か自分以外の人に強制されるとそれと反対の方向に動こうとする性質がある。
例えば、珍しく自分から勉強してみようと思った瞬間に親から「勉強しなさい」なんて怒られると、急にやる気をなくしちゃうのが良い例。
今回は各種スポーツ紙やTBSが煽り過ぎた、そんな気がする。
楽勝でいけると思っているから苦戦すると「いや、判定負けだった」とかそんな意見が出る。マスコミが扇動しなけりゃ「日本に新王者誕生!」だけで済んだかもしれないのに。


2、何を言われようと「息子は王者だ!」と言い張る父親は偉い!

息子の名誉を傷つけないように「公平なジャッジが“亀田の勝利”って言ってるんだから間違いないだろ」とどこまでも言い張る亀田父は偉い。
精神的に弱かったら「判定負けだったかもしれません、観客の皆さんと運が味方しました」とか言ってしまうかもしれない。
でも、亀田父はどこまでも「アイツは猛練習にも耐えて世界チャンピオンになったんだ!」「審判が認めた王者だ」と世間を敵に回すかもしれないのを承知で強情に言い張っている。こういう人を味方につけたら心強いですな。


オープニングにも書いたように、別に亀田が勝とうが負けようがどちらで良いけれど、騒動の中で見えてきた上記2点が気になりました。
自信を持って尚且つ体を張って「俺はお前の見方だ」って言える父親や上司が世の中にどれだけいるだろう?
それが分かってりゃこんな事件は起きなかったよね。

こんな事件って、こんな事件↓
posted by かずま at 19:08| Comment(4) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

ヤツとの戦い

先日の晩、暑いな〜と思いながらも寝ておりました。
いつもならば道子さんが人間についてやってくるのだけれど、この日に限っては道子さんが布団にやってこない。
まぁ、そのうちやってくるだろう・・・と思って寝てたわけです。

ヤツとの戦い の続きを読む
posted by かずま at 12:54| Comment(6) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ちあきから来たよ>あいつバトン

世の中にはいろんなバトンがございます。
今回回ってきたのは

同じ人から二度回ってこない限り「回答済」はありえない、 究極のリサイクルバトン

だそうで。
怖いですねぇ。

それではいってみよ。

ちあきから来たよ>あいつバトン の続きを読む
posted by かずま at 15:13| Comment(4) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

ハマノスケさんから回ってきたよバトン

バトンです 前やったかも?でもやります!(笑)
見たら必ずやらないといけないらしいです。
最近、こんなのばっかりですね。
そろそろこの手のバトンには飽きてきたところ。
でもやります(笑)

ハマノスケさんから回ってきたよバトン の続きを読む
posted by かずま at 12:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

極魔界村のコマーシャル

やべっ!改めてアーサーのファンになりそうだ!!
posted by かずま at 07:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

迷惑メール、届くんですけど

ボクは幾つかのメールアドレスを持っていますが、携帯電話以外のメールアドレスには軒並み迷惑メールが届きます。
迷惑メールは「迷惑」だから迷惑メールというわけなんですが、ボクが突っ込みたくなるような迷惑メールもある。
今日はそれについて書こう。

迷惑メール、届くんですけど の続きを読む
posted by かずま at 15:25| Comment(4) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

バトン

Blogをやっていると、バトンがいろいろ回ってきます。
ということで、今回は横浜FCサポのおすぎさんから回ってきたバトン。
「@@バトン」という名称が多いのだけれど、今回はどストレートに「バトン」というタイトルだったようで(笑)

それではいってみましょ。



バトン の続きを読む
posted by かずま at 12:39| Comment(6) | TrackBack(1) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

脚フェチ

[ニューヨーク 10日 ロイター] ロウアー・マンハッタンの地下鉄で女性を攻撃したとして先週逮捕された23歳の男が、過去3年間にわたりニューヨークの地下鉄で70人以上の女性の脚や足先にキスしたり、舐めようとしたと認めた。検察官が10日、明らかにした。
マンハッタン地区検察局が公表した供述書によると、男は「女性を笑わせ、話しかけてもらうためだった」としている。
男は強制的な接触や性的いやがらせのほか、女性の脚をつかんで離さない癖があったことから不法拘束の罪で起訴された。有罪となれば最長1年間の刑期に服すことになる。


同じ脚フェチとして一言申す。

脚フェチ の続きを読む
posted by かずま at 15:27| Comment(4) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

飼い主より長く生きるペット

インドのコルカタ動物園では23日、推定年齢250歳のアルダブラゾウガメが肝不全のため死亡した。
 地元当局によると、この亀はもともと、18世紀中頃に英領インドの基礎を築いた英軍人ロバート・クライブのペットとして飼われていたものだという。
 また、ベンガル語で唯一無二を意味する「Addwaitya」と名付けられたこの亀について、科学的な裏付けは今のところ示されていないものの、地元関係者は世界最高齢だったと主張している。
 西ベンガル州のバーマン森林相は「この亀が150歳以上だったことを証明する書類はあるが、信頼できる筋からの証言などを集めた結果では、250歳を超えていたと考えられる」と語った。



飼い主より長く生きるペットってどうなんだろう??
死ぬ間際に「あぁ、私の可愛いゾウガメちゃん・・・」とか未練が残っちゃわないかな??
posted by かずま at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

花見と桜について考える

昨日こっそりとスノーボードの練習に行ってきた。
帰りに温泉に入り、そしておやつを食べにお茶屋さんへ。
そのお茶屋さんの敷地内に咲いている梅。
梅はイイ!
真っ先に「春到来」を教えてくれる梅の花。
香りも良い。
紅梅に白梅と、紅白揃っている。
蝋梅なんて黄色い梅もある。
「赤・白・黄色」はチューリップだけではないのだ。
花が終わっても、今度は梅の実がなる。
これで美味しい梅酒を飲めるかと思うと思わずニヤニヤしてしまう。
いや、我が家では梅酒は漬けてないけど。

2006年春の日本で「花が咲きました」と言ったら、多くの人が「桜が開花か?」と考えるはずである。
彼女に「花見に行こうぜ!」ってデートに誘って、満開の梅の木の下に連れて行ったら別れ話を切り出されるに違いない
でも、平安時代は「花」と言えば梅だったらしい。
「花見」と言ったら大体の場合は「梅の花見」を指している。
しかし、いつのまにやら「花見=桜」の構図が出来上がってしまっている。
ということで、「花見」と「桜」について考えてみよう。

花見と桜について考える の続きを読む
posted by かずま at 16:49| Comment(3) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

17年ぶりに見た日光

行ってきました。念願の日光。
3/14は寒いものの快晴。自動車で気分良く東北道を北上。
今回の大きな目標は2つ。
・眠り猫に会う
・華厳の滝を見る
それから、12歳の時に見た日光と29歳になって見る日光の違いを感じる。


17年ぶりに見た日光 の続きを読む
posted by かずま at 13:49| Comment(4) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永田くん、議員辞めないの?

国会議員で社民党・東門さんが町村外務大臣に質問をしている時に、

一心不乱に折鶴を折る永田くん

議員じゃなくて、広島の為に千羽鶴を作る仕事の方が向いてるんじゃないのかな?
平和も日本人の願いです。

posted by かずま at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

必見、マチャアキ&慎吾が「西遊記」最終回で夢の共演!

新旧悟空、夢の共演が実現! 20日放送のフジテレビ系月9ドラマ「西遊記」の最終回で、孫悟空役の香取慎吾(28)と、28年前に“初代孫悟空”を演じた堺正章(59)が共演することが10日、分かった。「堺さんの悟空はあえて見ていない」というチャレンジャー・慎吾に対し、「(慎吾版を)1話目から見てます」と余裕の堺。時空を超えた歴史的対決は、まさに必見だ!

初回に視聴率29.2%をたたき出し、以降も常に20%越えを続けている“香取悟空”の西遊記。それでも、あなたの周りにはきっといるはず、「私はマチャアキの西遊記しか認めない」という人が。そんな人をも納得させる究極の競演が、最終回で実現する。

その堺が28年ぶりに「西遊記」に戻ってくるのだから、文字通りの歴史的事件。フジの鈴木吉弘プロデューサーは「神様に出演をお願いする思いでお伺いし、OKを頂いたときには体が震えた」と興奮しきりだ。
香取も「最終回にふさわしいゲストであることこの上ない! いつも以上にでけぇ声で『ウキーッ』と叫びます」と喜び全開。独自の悟空像を作るため「堺さんの西遊記は見ないようにしてきました」が、世間の評価は毎週の高視聴率が証明。今は堂々と“初代”の登場を待ち受ける。

肝心の出演場面、堺の役どころなどは、「すべて最終回で明らかになります」(フジ広報部)と一切秘密。収録を終えた堺が「如意棒を回すシーンを作っていただきました」と一端をこぼしており、これをヒントに想像するしかない。老若男女、すべての西遊記ファン必見の最終回となるのは確実だ。



ボクは今回の西遊記の制作発表の時から、

「孫悟空:香取慎吾、猪八戒:チビノリダー、沙悟浄:岸部シロー、これなら視聴率20%は楽に越える!」

と言ってました。
このキャスティング、妙に惹かれません??

それにしても堺正章が出てくるって凄いですね。
ボクは見ないけど。
posted by かずま at 15:07| Comment(6) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

今朝、見かけた格好

草履、足袋、袴、羽織、茶髪、お蝶夫人パーマ、帽子!
どんな卒業式ですか?
posted by かずま at 10:27| Comment(11) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

殺さないで〜!

風の谷のナウシカ
の、画像。

殺さないで〜! の画像を見る
posted by かずま at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

金本先生、ツッパリ中学生を叱った

金本先生、ツッパリ中学生を叱った

金本は球場に現れた中学生たちを見つけるや「懐かしいボンタン(太い学生ズボン)やな」と興味津々
 
金本先生が、沖縄のやんちゃな中学生を説教した。9日、阪神の沖縄・宜野座キャンプを課外授業で見学した那覇市立中学校の3年生6人が、アニキこと金本知憲外野手(37)にサインを求めた。ブカブカのズボンに洋ラン、そり込みリーゼントという“つっぱり”スタイルの少年たちに金本は「お前ら中学生か!義務教育なんだからちゃんとしろ!」と一喝。ハプニングながら、熱血教師役を演じた。
昔なら横浜銀蝿、今なら氣志團か。ヒザ回りが70センチという土管ズボンに長ラン、短ラン、頭はそり込みリーゼントに前髪染めの短髪…あまりにも分かりやすい“ツッパリ”軍団がゾロゾロと色紙を手に、立ち入り禁止の境界線のロープをまたいだ。お目当ては、宜野座ドームでのマシン打撃を終えた主砲金本。トラのアニキにサインをもらおうと、関係者ゾーンに乗り込んだ。
キャンプ地に似つかわしくないやんちゃ軍団を、金本は大笑いで迎えた。「何だ何だ、お前ら。おーい、ヤンキーは入ってもいいんか。まったく、いまだにこんなの着て。20年くらい前にはやってたぞ」。一触即発、どころかていねいに頭を下げるツッパリ軍団の目的はアニキのサイン。金本は気を許したのか「1枚だけだぞ」と気軽に応じて談笑していたが…
中学生「あの〜@@中学さんへって入れてください」
 金本「何、お前ら中学生か!中学でその格好はアカンやろ。義務教育なんだから、ちゃんとせんか!」
予期せぬ内角球を投げられたように、大声で一喝した。和気あいあいのムードは一瞬、ピリッと引き締まった。ビーバップ中学生は背筋を伸ばして「ハイ! 」。金本は満足そうに「じゃあな」と別れを告げ、肩で風を切りながら、サブ球場に歩いていった。
「一番、いい年齢だけどな。中学生であれはないやろ。オレのクラスにも4、5人、あんなのがおった。オレは親も厳しかったし、興味がなかった。あんなのを何人か倒してたよ」
金本先生の説教を浴びた生徒たちは、学校をサボっていたわけではない。@@中の教諭が引率した社会見学で、立派な課外授業だった。
「悪い子たちではないのですが、学校の中ではどうしても荒れてしまう。外に出そうと、プロ野球のキャンプ地に連れてきたのですが、何かを感じてくれるでしょう。金本選手が説教?サインもいただけたし、来てよかった」
”悪ガキ”たちも「格好よかったなあ」と感服していた。阪神では赤星、藤本、秀太ら若手に慕われ、古巣広島では新井が心酔する貫録で、ファンからはアニキと呼ばれる。キャンプ地ですれ違ったツッパリ中学生たちにも、アニキ節を響かせた。



いやいや、良い話だね。
本当に強くて格好良い人間が、つっぱってる兄ちゃんに「おまえら、キチンとしろ!」っていうのは説得力がある。
彼らも「格好よさ」を独自に追求してあぁなっちゃったわけで、「本当に格好良い」というのが何なのか、言葉ではなく感覚で感じることが出来たことでしょう。
ファンレターとかで良いから金本選手と何らかのコミュニケーションをとって、これからの人生が擦れた方向じゃなくて、充実したものになっていくと良いよね。
結構、人生の転機なんてこんな「ちょっとした事」だったりする。
posted by かずま at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

リファラ

インターネットの世界には「検索エンジン」なんて便利なものがあるので、ボクのサイトに全く面識の無い人も来てくれる。
有難いことです。

ということで、ボクのサイトに
どんなキーワードでたどり着いたのか、ピックアップしてみるとしましょう。


リファラ の続きを読む
posted by かずま at 17:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

読んでしまったのでバトンです

読んだら必ずやるバトンだそうです。
いや別に罰則とか無いですがw

読んでしまったのでバトンです の続きを読む
posted by かずま at 14:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする