かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2005年11月03日

内角の総和が180度以上になる三角形を作る方法

小学校の時に誰もが「三角形の内角の総和は180度、四角形は360度」と習ったはず。
事実、分度器で計測すると全ての三角形の内角の総和は180度、四角形の内角の総和はちゃんと習った通りになる。
が、例外があるのである。

実は、もの凄く簡単なお話なのです。


まず、地球を思い浮かべてもらいたい。
そして
北緯0度、東経0度の場所をポイントA
北緯0度、東経90度の場所をポイントB
北極点をポイントC
とする。

ポイントAからポイントBに直線を引く。
次に、ポイントBからポイントCに直線を引く。
最後に、ポイントCからポイントAに直線を引く。

これで三角形のできあがり。
では角度を調べてみよう。
ポイントA地点の内角は、北に伸びる直線と東に伸びる直線で90度。
ポイントB地点も同様に、北に伸びる直線と西に伸びる直線で90度。
ポイントC地点は、東経0度と東経90度を結んでいるので内角は90度。

すなわち、90度+90度+90度=270度のできあがり。

話のネタにどうぞ。


posted by かずま at 15:47| Comment(8) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
厳密に言うと引いてる線が直線じゃ無(ry
Posted by ミドノレ at 2005年11月03日 19:31
ポイントAとポイントCの違いがイマイチわからなかった社会人
Posted by mya at 2005年11月03日 20:07
>ミド
アインシュタインによれば、光は2点間の最短距離を進むんだそうで。2点間の距離を最短距離で進むのは「直線」でしょ。
で、日本から北極に向けて水平に光を発信すると、上空になど行かずにちゃんと北極点に到達する。最短距離で結んでいるこれを直線と言わずして何というのじゃ!(難問)
曲線だと思っているのは、実は「光が曲がっているのではなく、空間が歪んでいる」のだぁ!
でも、それでも地球は回っている。

>みゃ
ロンドンとインドくらい経度が違うと思います。
Posted by かずま at 2005年11月03日 20:18
>みゃ

あ、、、
ちがった。ロンドンとインドじゃなく、
ガーナと北極点
このくらい緯度が違うや。
すまんそん。
Posted by かずま at 2005年11月04日 17:17
かずまさん、化学とか算数って得意なの〜?
今度質問しちゃおうかなっ^^♪
Posted by かつを at 2005年11月09日 00:34
ぶ・・・文系でチュ(汗)
Posted by かずま at 2005年11月09日 08:06
数学の公理からはずれてるかと
これは物理だと思う

Posted by a at 2010年08月18日 21:02
>aさん
非ユークリッド幾何学です。
Posted by かずま at 2010年08月19日 17:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。