かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2007年12月19日

サンフレッチェ広島常勤取締役が総退陣

2007/12/19-19:59 広島、常勤取締役が総退陣=Jリーグ
 来季J2へ降格する広島は19日、久保允誉社長ら常勤取締役6人全員が退任すると発表した。新社長にはJ2草津の代表取締役専務などを務め、現在はメーンスポンサーのデオデオの持ち株会社エディオン傘下の東京エディオン取締役の本谷祐一氏が就任する。クラブ側は、1年でJ1に復帰するためのフロント体制強化のためとしている。 (了)


横浜FCこそJリーグの記録を塗り替える最速のJ2降格だったんだから、奥寺会長以下全員退任するべきなんじゃないの?と思ってしまいます。
総退陣までいかなくても、せめて会長と社長だけでもね。
posted by かずま at 20:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は扇の要の様にしっかりとしたGMが欲しいなあと思います。
強力なコネを持ち、選手を欲しがる人(監督)、捜してくる人(
強化担当)、お金を出す人(会長、社長)の間でそれぞれの調整が出来る人を。

元福岡の小林さん(山形監督に就任)なんか良かったのになぁ。
Posted by futre at 2007年12月20日 00:42
会長にせよ社長にせよ強化部にせよ、横浜FCにはサポーターを納得させられる「しっかりした人」が少ない気がします。
GMになっても、板挟みで何も出来ないんじゃないだろうか?と不安になります。奥寺さんの力が強すぎやしませんか?このクラブ。
Posted by かずま at 2007年12月20日 11:54
 自分は、奥寺氏よりも小野寺氏の影響が強くなりすぎているのではと感じています。
 小野寺氏も含めて、連れてきたスタッフにサッカーの運営キチンとわかっていない人が多いと感じています。サッカーの運営がわかる人に代わって欲しいです。
Posted by H.S at 2007年12月20日 23:37
小野寺さんの影響ですか。
そうなのかも知れません。
ビジネスの部分とサッカーチームを強くするという部分を両立させるのはとても難しいと思いますが(特に横浜はマリノスとベイスターズがあるので)、それでもサポーターに「俺はチームを強くしたいんだ!ファンを増やしたいんだ!」という熱意が伝わってくるチーム運営が出来る人がいいですね。
Posted by かずま at 2007年12月21日 11:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73641164
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック