かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2005年07月28日

しつけのお話

ボクは基本的に人に優しい。
女性にはもっと優しい。
自分にはもっともっと優しい。
うん、基本ですね。

で、ゲーム屋さんなんて場所に居ますと子供がわんさかやってきます。
これ欲しい〜って大きな声で店外の親に向けて言うなんていうのは日常茶飯事。
まぁ、これくらいならなんとも無いんですが、店内のモニターの電源を消して逃げる子供なんて言うのがおりまして、こういうお子様に対してはちゃんと叱ってあげます。

大きくなってから困らないように、小さいうちから「コレはだめ!」ってのをちゃんと教えてあげるんです。
あぁ、ボクはなんて優しいお兄さんなんでしょう。

まぁ、他所様のお子様ですから暴力を振るうわけにはいかない。
ということで、基本的には「こらっ!触るんじゃない!」と大きな声で活舌良く、要点を絞って小学校低学年でも分かりやすいように伝えます。
「触ってる事が悪いんだ!お前の存在が悪いんじゃないぞ!」というメッセージが強くこめられたこの言葉。
きっとこの先の彼らの人生を明るい方向に導いていくことでしょう(大袈裟)


以前、猫を飼っていたときに、猫ちゃんがベッド上でおしっこをするなんていうのが何回かありました。
最初の数回は「コラ!」って叱ってお終いにしてたんですが、3回も続いたのでその時にはこっぴどく怒りました。

まず、にゃんこ(以下、うめちゃん)を捕まえて、顔をおしっこに近づかせる。逃げようとするけれど、力で押さえつけて「コレはダメだろ!」って事をしっかり認識させました。
そして、ベシベシ腰の辺りを強めに2回くらい叩く&50cmくらい突き飛ばす(!)。


ということで、うめちゃんの頭の中に「トイレ以外でおしっこをすると大変な目に遭う」っていうのを学習させたところ、ピタリと粗相するのをやめるようになりました。

うん、ちゃんと学習するんだね。
基本的にはボクは猫に甘々ラブラブですが、怒るときには要点を絞って怒る。そして、次の瞬間からバッチリ切り替えてまたベタベタ甘々ラブラブに。
教育は、ポイントをしっかり絞って怒らなくてはいけないけれど、逆に決して引きずってはいけないのだと思います。


以前、三ツ沢競技場のお花見の時にあっくんこえびちゃんの頭を帽子でぺしっ!って叩いて、こえびちゃんが泣き出した事件がありました。
その時のあっくんママはお母さんの鑑だった。
まず、ちゃんとこえびちゃんに「ごめんね」と謝り、そしてあっくんに「ごめんなさいって言いなさい」と指示。
第1次反抗期でいう事を聞かないあっくんに対してもう一度指示を繰り返し、それでもちゃんと謝らないあっくんに対してこえびちゃんがやられたのと同様に帽子でぺしっ!
そして、「こういう悪い事をやったんだから謝らないと駄目でしょう」と説明してました。
まぁ、まだ頭では分からない年齢かも知れませんが、経験として蓄えられたはずです。

※追記
その後、あっくん&こえびちゃんは仲良く遊んでました。


posted by かずま at 15:41| Comment(4) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほほーっ偉いですなぁー
私は子供なので他所の子供にも平気でキレます!
「いいかげんにしろ!テメェーぶっ飛ばすぞぉ!コラァ!」
怒られた子供はビビって逃げます。
あーまたやっちまった…
親がいれば親にもキレます。
「どういう教育してんだぁ!コラァ!」
たちが悪いとよく言われます。ハイ!
Posted by EIKICHI at 2005年07月28日 21:37
本当はボクもそうなりたい(爆笑)
ちなみに、ボクはEIKICHIさんと少々異なって「無言の圧力」ってヤツも掛けます。
黙って真後ろに立ってた・・・なんて、幽霊もびっくりな行動をとります。子供からすれば怒鳴られるよりも恐怖を感じる瞬間があることでしょう。
Posted by かずま at 2005年07月28日 21:43
教育的指導ですね!
物心つくと、親の目が届かない所でワルさするもんです。じゃぁ誰が叱るの?ってなると、やはり見てた大人しか居ませんもんね。
こないだ・・うちの会社の前で瓶を割って遊んでる小学生2人組が。トラックも出入りするので、ビス1本でも拾ってるってのに!ランドセル掴んで呼びとめて、拾えるだけ欠片を拾わせました。(危ないかなぁ・・と心配しつつも。)以来、学校帰りに出会うと挨拶する様に。恐がられてる?
トマトの実り具合やツバメの巣を見るルートになってるらしく、相変わらず軒先をちょろちょろしてますが、まだ麦茶を振舞ったコトはありません(笑)
気配もなく、黙って真後ろに・・想像しちゃいました!!確かに恐いかも^^
Posted by かつを at 2005年07月30日 10:41
最近は「叱れない」親が増えているのは確かです。
ということで、他人の子だろうが何だろうが明らかにいけないことをしているときには叱るのは必要だと思っています。
自分で撒いた種は自分で刈り取るのは世の常。善悪の判断がちゃんとできる人間になって欲しいですね。
Posted by かずま at 2005年07月30日 11:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。