かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2012年06月06日

Exchange2007でのOP25Bを回避する方法

ずーっと悩んでいたんです。
自宅に立てたExchange2007サーバーで、メールを受信する事はできるけれど送信できない。
理由は「OP25B」。
迷惑メールの送信を防ぐために通常SMTPに使用される25番ポートを使用せず、587番ポートを使ってメールの送信をしなくちゃならないというアレ。
分からない人には「何、宇宙語をしゃべっているんだよ!!」って感じるような、アレ。

でも、メールの設定で「送信メールサーバーに@@@@を設定して、ポート番号に587って入力してください」っていうのを見たことくらいはあるんじゃないかな???

で、Exchange2007ではデフォルトで25番ポートを使用してSMTP通信を行う。
しかし25番ポートを使用すると、日本の多くのプロバイダではメールの送信を許可してくれない。
さて、困った。どうしたものか。

今日、ここを見つけたんです。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa998294%28v=exchg.80%29.aspx

そこにはこう書いてある。

ハブ トランスポート サーバーの役割またはエッジ トランスポート サーバーの役割がインストールされているコンピュータで、送信コネクタを変更するには、Set-SendConnector コマンドレットを使用します。

Set-SendConnector -Identity [-AddressSpaces ] [-AuthenticationCredential ] [-Comment ] [-Confirm []] [-ConnectionInactivityTimeOut ] [-DNSRoutingEnabled <$true | $false>] [-DomainController ] [-DomainSecureEnabled <$true | $false>] [-Enabled <$true | $false>] [-Force ] [-ForceHELO <$true | $false>] [-Fqdn ] [-IgnoreSTARTTLS <$true | $false>] [-IsScopedConnector <$true | $false>] [-LinkedReceiveConnector ] [-MaxMessageSize ] [-Name ] [-Port ] [-ProtocolLoggingLevel ] [-RequireTLS <$true | $false>] [-SmartHostAuthMechanism ] [-SmartHosts ] [-SourceIPAddress ] [-SourceTransportServers ] [-UseExternalDNSServersEnabled <$true | $false>] [-WhatIf []]


横文字だらけで頭が痛くなるね。
でも、これを使用すればSMTPの時に25番じゃないポートを使用する事ができるようになるわけだ。
これで今日から再び、自宅メールサーバーから外部メールサーバーへメール送信ができるぜ!!

こんな初歩的なことで悩んでいる人、ボク以外に居るかどうかは謎ですけれど。」
【関連する記事】
posted by かずま at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック