かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2005年03月03日

「迷信」について考える

ボクは「理解しづらいもの(ボクが理解できないもの)」というのを非常に恐れています。
例えば、飛行機。
どーしてボクが空を飛ぶことなんて出来ないのにボクよりもはるかに重たい「飛行機」が飛ぶことが出来るのか分かりません。自動車はモーターの回る仕組みがある程度分かるので「早く動く」っていうのも理解できる。船が沈まないのも湯船に桶を浮かべても沈まないのを見ればなんとなく分かる。
でも、飛行機が飛ぶのはよく分からん。昆虫が飛ぶのとは明らかに仕組みが異なってるし。
ということで、当然「お化け」も怖い。遭った事はまだ無いけれど、あったらとてつもなくびっくりすると思う。血まみれで右手に包丁を持った人と目が合った時くらい怖いと思う。

で、子供の頃に親から聞いた話で「そりゃ嘘だろ!」って思える事が非常に多くないですか?
それらの意義を考えてみよう。

まずは古くから言われている「こんな事しちゃいけません!」ネタ。
・夜に口笛を吹くとヘビが来る
・夜に爪を切ると親の死に目に会えない
・火遊びをするとおねしょする
・蜘蛛を殺してはいけない
こんなもんだろうか。本当に意味の無い迷信も数多くあるのだけれど、上記の4つについては少々意味がある。

1、夜に口笛
 夜は昼間に比べて音が上空に逃げにくい。地面を這うように伝わり、そしてロスが少ないので口笛は遠くまで伝わるのだ。そうするとウルサイじゃないですか。他人に迷惑だから駄目。ヘビも幽霊もまだウチに来た事はありません。

2、夜に爪を切る
 昔は蛍光灯なんてものは当然なく、夜は手元が見えづらかった。そのため
 ・深爪をしてしまう
 ・飛んだ爪が何処にいったか分からなくなってしまう
 ということで、自分も痛い、他人にも迷惑を掛けてしまうということでやめなさいという事。別に爪を切らなくても親の死に目に会えない人は会えない。

3、火遊びをするとおねしょをする
 火遊びをするとおねしょをするかどうかはさておき、火は本当に危ない。子供が下手に触らない方がいい。

4、蜘蛛を殺してはいけない
 農家にとって「カブトムシ」や「クワガタ」は果実を食べる害虫。そして、蜘蛛はそれらを網で捕獲してくれる「益虫」なのだ。木造家屋の柱や壁、屋根材などを食べる「虫」の多くは蛾の幼虫であるが、その親を捕まえてくれるのが「蜘蛛」さん。だから殺してはいけない。

※ちなみに「朝の蜘蛛は殺すな、夜の蜘蛛は殺せ」って言うのは歴史の中のお話。
 昔、日本を統一しようと動いていた「大和朝廷」が他の部族を呼ぶときに「鬼」とか「蜘蛛」とか「天狗」とかそういう蔑んだ名前をつけて呼んでいた。で、高度な製鉄能力を持っている「蜘蛛」部族を襲撃する際、「あいつらが鉄を精製してから殺してウマいトコロだけ貰っちゃおう」という内容の隠語が「朝の蜘蛛は殺すな、夜(仕事終了後)の蜘蛛は殺せ」という事なのである。
ちなみにこの「製鉄技術」奪取物語は岡山県付近をはじめとて実際にあったらしい話で、製鉄技術を「財宝」、製鉄技術を持った部族民を「鬼」、大和朝廷を「桃太郎」とすると、見事に桃太郎のお話になる。


ということで最後の方は話がちょっとズレたが、とにかく迷信は嘘をついてはいるけれど偉いのだ。
こうやって迷信はちゃんと理由が分かるから「納得」して実行しますが、飛行機だけはまだ乗る気になれない。
posted by かずま at 17:39| Comment(12) | TrackBack(0) | 考えてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは☆飛行機、不思議ですー。鳥みたいな動きをしないで高所を飛べるのはナゼ??
私の天敵は‘毛虫’ですねー。顔(前後)の分かり難いものが全般ダメです。ミミズも ポイント部分が‘マフラー’なのか‘腹巻’なのか微妙で同類(T-T)あとナマコやウミウシ。
意表をついた動きをするから・・が 主な理由ですが、飛行機同様 毛虫や蝶々はナゼ存在するのか?すら理解できてないからか、今後も好きになれそうにないです><;
Posted by かつを at 2005年03月07日 17:07
飛行機の怖いところは、
・よく分からないけれど飛んでいる
という点ですが、さらに
・エンジンが止まるとほぼ確実に死ぬ
ってところが怖いです。自動車だとエンジンが止まると速度が落ちるので止まる分には安心。ジェットコースターも止まる分には「止まらない」より全然マシ。

にしても、ナマコは食べると美味しいですよ♪
Posted by かずま at 2005年03月07日 17:52
夜の爪切りは、昔は暗くて、切った爪が目に入って失明して死に目に会えない可能性があるからだと思っていたんですけど、違う?w
Posted by 湧翠 at 2005年03月07日 22:21
切った爪が目に入ったら、真昼間でも失明しそうな気がします(笑)
Posted by かずま at 2005年03月07日 23:20
古代史ネタだね。20へぇ。
Posted by おすぎです at 2005年03月08日 13:09
「夜に口笛を吹くとヘビが来る」というのを裏を取るためにネットでサーフィンしていたら偶然見つけたネタです。
桃太郎伝説については7〜8年前から知ってたんですけどね。
Posted by かずま at 2005年03月08日 13:42
かずまちゃんって何気に博学だよね。俺みたいな単純構造の人間のあ・こ・が・れ(^3^){チュ!
ゲームネタは中学までは周囲に負けないくらい詳しかったんだけど今じゃあ競馬ゲームぐらいしかやらないからなぁ〜。今度かずまちゃんお奨めの「あすとろ農家」やってみようかな(笑)
Posted by おすぎです at 2005年03月08日 19:05
何だか「気になったこと」は結構覚えてますね。日常生活に役に立つことなんて殆ど覚えてないんですけれど(苦笑)
ちなみにボクは「あすとろ農家」をオススメにした記憶はありません(笑)
Posted by かずま at 2005年03月09日 19:58
あれ?そうだったけ?記憶違いか・・(苦笑)
Posted by おすぎです at 2005年03月09日 20:53
きもちゃんが福島でね・・・
Posted by かずま at 2005年03月10日 09:40
アストロノーカはオススメではなくて、もう一回やりたいんだけど中古屋探しても見つからないゲームって話だったはずだが・・・
それよりも『トルネコの大冒険』のほうが実はオススメ!2作目、3作目ではなく、初代のやつね。
スーファミでしかやったことないんだけど、GBとかになってたら絶対にほっすぃ〜。
Posted by きも at 2005年03月14日 10:21
そうそう。農家はそれですよ。
トルネコの大冒険は、GBAで2と3が出てますが、初代作品はないみたいです。
あと、PS2だと「The Nightmare of Druaga」はトルネコと全く同じシステムを使ってます。でも無駄な演出が多くて同じゲームシステムなのにクソゲー度が200%上がってます。
Posted by かずま at 2005年03月14日 10:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2233532
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック