かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2006年07月13日

拾うべきか見逃すべきか考える

どこかで「1円玉を1枚拾う際に、しゃがんで掴むまでに1円分のエネルギー、掴んで立ち上がるまでにまた1円分のエネルギーを消費する」なんて事を聞いた。

試しに計算してみよう。
1円玉を拾う際に、身長180cm、体重70kgのボクが1m屈んで拾って立ち上がると仮定する。
便宜上、上半身だけを動かして1円玉を拾うとする。
すると体重の半分である35kgの上半身がボクの脚の長さである1mだけ上下運動する。
1J(ジュール)=100g×1mという計算になるから、ボクが1円玉を拾う為に屈み込む際には
35000g×1m→350J
のエネルギーを消費することになる。
そして立ち上がる時にまた同じエネルギーを消費するので合計
700Jのエネルギーを消費する事が分かった。

カロリーとジュールとの関係は、1cal=4.18605Jである。
という事なので、今回の上下運動で167カロリーの運動となる。

1円を拾うためには1円あたり167カロリーの摂取が出来ていれば「拾ってもいい」という結論になる。我々はちゃんと「1円あたり167カロリー」以上を摂取できているのだろうか?
1粒300mで名高い「グリコ」で計算しようと思ったが、グリコの単価が分からないのでビスコで調べることにした。
ビスコの1袋の価格は30円。つまり、30円のビスコの中に167×30=5キロカロリー以上のエネルギーが入っていれば1円玉は拾って良いという結論になる

グリコのホームページでビスコ1袋(20.6g)当たりのエネルギーを調べてみた。
すると・・・

bisco.jpg







ひー、99キロカロリー出たー!!
KO・U・HU・N!!


5キロカロリーなど足元にも及ばない99キロカロリーのエネルギーを含んでいるではないですか。
これならば、上半身だけはおろか、派手にスライディングで拾いに行っても大丈夫なのではないだろうか?


ボクは思いました。
今朝、東急線の改札口付近に落ちていた「銀のエンゼル」を拾っておくべきだったと。
posted by かずま at 13:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 考えてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一円玉を笑う者は一円玉に泣くのです。

私はお金を支払おうとすると
必ずや、一円足りず、
崩したくないお札をくずす羽目になります。

お約束
「一円玉は必ず拾いましょう!」
「一万円なら一旦拾って【かよたん】にお布施しましょう!」
Posted by かよたん at 2006年07月13日 20:37
>私はお店でお金を支払おうとするたびに
>一円足りず、崩したくないお札を崩す羽目になります。

ということは、かよたんは今まで何度となく「1円を笑ってきた」という事ですね。うんうん。
ボクは日頃から1円を大切にしているのでそういった経験はございません(笑)
Posted by かずま at 2006年07月14日 09:42
脂質1グラムで9キロカロリーだったっけかねぃ。(うろ覚え)

良い感じに買い物で細かいお金を出し切って、その次の買い物で細かいお金が入り用になったときのむなしさときたら(謎

まあ、目先の細かい欲に駆られすぎるのも問題なんでしょうがねぃ。
Posted by すずみ@鰯 at 2006年07月15日 02:41
鰯お姉さまも主婦の感覚みたいなものをしっかりと掴んでいるのですね。
ボクは「金は使うもの」と考えているので、小銭が増えたら「まぁ使って減らしていけばOK」なんて考えます。
だから小銭が増えようが減ろうが気にならないんだろうなぁ。
Posted by かずま at 2006年07月15日 11:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20720418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック