かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2010年10月26日

照明スタッフを終えて思うこと

実に緊張した2日間でした。
コンティックのキヌちゃんから「照明スタッフお願いできますか?」とメールが来たのは約一ヶ月前。
その時には軽い気持ちで
「困ってるならやったるか」
くらいに考えていたのだけれど、事前打ち合わせ、初日本番前リハと進んでいくにつれて、出演者、自分を除くスタッフの真剣さ度合いに自分の甘さをしみじみ感じてくる。

そんな中、ボクをリラックスさせてくれたのは記録担当のmasaさん。
色々と他愛もないことを話しかけてきてくれて、見事に緊張感が程よいレベルに落ち着いた。

そして、音響、映像担当としてすぐ隣で端末を操作しつつも、細かく的確な指示を出し続けてくれたモリさん。
彼女の真剣さと能力の高さにはかなり助けられた。

照明の操作だけで目一杯になっている自分とは次元が異なり、観客対応、暗幕のめくれ修正、ライトの当たり角チェック、演出の考案、台詞チェックまで全てこなす。(しかも解熱剤服用の状態で!)

そんな姿を見せられた日には感動するし、自分の物足りなさも痛感します。
他のスタッフのフォローができるようになる!とまではさすがに言わないけれど、演者の二人が「あの人に任せておけば絶対安心」と思って芝居に集中できる環境を作り、演者に少しでもリラックスしてもらえるように仕向けなきゃならないんだな・・・等と考えさせられたライブでした。

自分がどこが未熟か、多少なりとも分かるようになってきたのは成長した証だな。
きっと(笑)
posted by かずま at 11:49| Comment(2) | TrackBack(0) | もぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとに二日間どうもありがとうございました!
次回も是非お願いします!ほんとにお願いします!

モリちゃんがかずまさんのことべた褒めでしたので!




そんで、次はかならず膝枕しまっすv(笑)
Posted by CON-TIC砧川 at 2010年10月27日 21:56
>キヌちゃん

どうもどうも、お疲れ様でした。
いやー、モリさんは褒めていてくれたけれど「初心者」っていう事で褒めてくれていたんじゃないだろうか?って思うんです。
個人的には不満の残る出来だったので、リベンジしたいです。
劇団con-ticの一員として認めて貰えるように(笑)
Posted by かずま at 2010年10月27日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック