かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2009年10月22日

SUBARU

DSC_0138_thumb.jpgDSC_0144_thumb.jpg

オリオン座流星群を見ようと、午前0時過ぎから1時近くまで星空観察。
明らかに流れていく流星を2つ見つけられたね!!
天体ショー、キレイで良いもんです。

という事で、写真1つめはご存じ、オリオン座。
星の色がそれぞれ違います。
違う理由は燃焼温度と地球からの距離。
詳しく知りたい方は、アインシュタインの相対性理論を分かりやすく解説している本をどうぞ。

写真2つめはプレアデス星団。
インプレッサ乗りとしては、これは観察しておかないといけません。(一部の方のみ理解可能)
posted by かずま at 12:24| Comment(7) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も二個、見れたぁぁぁ
Posted by せみ at 2009年10月22日 14:06
>せみさん
流れ星見ると、それだけで嬉しくなります。
Posted by かずま at 2009年10月22日 14:33
元天文部のくせに見てないやぁ…(T□T)

流れ星、お願い事とか三回言うのぜったい無理ですよねー☆(笑)
Posted by 砧川キヌ子 at 2009年10月22日 21:28
>キヌちゃん
天文部さんに所属していると、逆に「流れ星?そんなもん、現役時代にいくらでも見たわっ!」とかなるのかも。
地元の有名施設に行かないのように。
願い事、3回言えません。
間違いありません。
Posted by かずま at 2009年10月22日 22:52
映画『コンタクト』で、35光年先の星ヴェガへ向かう装置が相対性理論を用いているようなことを記憶しているよ。
星空を眺めていることは、私たちの過去を眺めていることになる。
何と幻想的な発想だろう。
Posted by 岬です。 at 2009年10月25日 22:30
一部の方ではなかったようです。

今回は見ずに寝たので来月の獅子座流星群を見るっす!
Posted by ひ。 at 2009年10月26日 03:17
>岬くん
ベガって割と近くにある星なんですね。
ウルトラマンのお家のある「M78星雲」の地球からの距離は300万光年。
ウルトラマン、望遠鏡で300万年前の怪獣を見つけて地球にやってきたんだろうか?(笑)
これを考えると幻想的というよりも滑稽になるから不思議です。

>ひし
来月の獅子座流星群も楽しみですが、1つだけ難点があるとすれば、それは「寒い」という点です。
頑張って下さい。
ボクは寒いのには耐えられません(−−;
Posted by かずま at 2009年10月26日 11:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック