かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2004年09月03日

お遍路さんについて考える

もうね、こうなったら思いついたこと色々書いちゃうよ!!
今日考えるのは「お遍路さん」。
四国八十八カ所の札所を巡るとご利益があるっていうアレ。

四国は狭いって言ったって、歩いて回るには広い。
上野からアメヨコ通り商店街を歩いて御徒町に行くのとは訳が違う。

人間、神を敬う気持ちを持って旅をすると「人の温かさに」出会う。
これです。お遍路さんの醍醐味は「旅をして人の温かさに触れる」っていうのが最大の目的。
神の存在を信じるかどうかはさておき、そういうところに人生の最大のテーマがあると言うのを体で感じるっていうのが「お遍路さん」なわけだ。

人生を悟ったおじいさんがお遍路さんをやっても効果は薄いんじゃないの?と思います。

それを大きく間違えて認識して「ゲームを作っちゃった」ピンチェンジさん。
パナソニック系列のベンチャー企業で、様々な試みを行っている会社です。
が、お遍路さんだけは大失敗。
GCで出して、メインターゲットがオジイサンというのが何ともいえないのでした。
posted by かずま at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 考えてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1191078
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック