かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2008年06月21日

無戸籍問題

家庭内暴力を背景として出生届が出されず、戸籍がない大阪府内の女性(24)が子ども2人を出産し、母子ともに無戸籍となっている問題で、子どもの出生届の提出を受けた大阪府東大阪市が女性に対し、子どもを筆頭者として新たに戸籍をつくるとの法務当局の方針を伝えていたことが、わかった。

NPO法人「親子法改正研究会」(大阪市)によると、一連の問題を受け、こうした独自戸籍が作成されるのは初めて。

同会によると、女性の母親は約30年前、家庭内暴力を理由に夫と別居したが離婚が成立しないまま、7年後に別の男性との間に女性を出産した。

「婚姻中に妊娠した子は夫の子と推定する」との民法772条の規定によって、女性は夫の子となるため、母親は出生届を提出しなかった。

その後、女性は女児(2)と男児(1)を産んだが、戸籍がないため、出生届に本籍地を記載できず、子どもも無戸籍となっていた。


(読売オンライン)



一歩前進という印象。
ただ、この母親が年老いた後に面倒を見るのは恐らく子供になるんだろう。
そして年金、生活保護、障害者認定を受けるのに戸籍は当然必要だろう。
となると、この子供たちの利益の為にも「母親を筆頭にした戸籍を作成し、子供をその中に入れる」というのが最も良い解決方法なんだと思うんだけど、どうよ??
そもそも、この母親は一切の過失は無く、いわば「被害者」なわけで。

鳩山さん、死刑をガンガン進めるのも良いけど(人権団体に言わせると「良くない」だろうけれど)、こういう人を救済するのもヨロシク頼みますよ。
どちらかと言えば、救済方面で目立った方が良いじゃないですか。
posted by かずま at 13:51| Comment(4) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無戸籍の人(Aさん)の子供に戸籍を与える場合、
Aさんが日本人であることなどを証明しなければならない。
そこで今回はAさんの母親の持つ出生証明書などから、Aさんが日本人であることなどを証明し、その子供にも戸籍が与えられた。

でもこれってAさんに戸籍を与えるための条件でもあるんだから、素直にAさんに戸籍あげちゃえばいいんじゃないの?

ってニュースで言ってた気がする
Posted by みゃゆん at 2008年06月21日 18:29
>みゃゆ師匠
うん、そうだそうだ。
中途半端なことをすると、後からまた残っていた問題が噴出して来ますからね。
Posted by かずま at 2008年06月21日 18:34
そもそも婚姻関係があればその夫の子にするって定義がおかしいっというか、現状合わないです。
そんな現状もイヤですが、、、、。
離婚後の子がどうのこうのの問題も含めて、
全部DNA鑑定にしてしまえばいいのに。
ついでに年金も自己申請じゃなくて自動的に振り込んでくれ!
Posted by ひ。 at 2008年06月22日 17:24
>ひっしー
全部DNA鑑定って、どんだけ手間を掛けさせるんですか(笑)
年金天引きは確かに思う。
ただ、配偶者だから云々とか、個人事業主だから云々とか、そういう事で支払金額が変わってくるからそうもいかないのが実情なのよね。
なので、消費税10%アップして、年金徴収制度は全廃、国家予算で面倒見ます!という北欧方式がたどり着くところになるのかも知れません。
でも、少子高齢化がますます進む現状では解決しない問題ですわな。
Posted by かずま at 2008年06月22日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101193703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック