かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2009年12月21日

酒蔵に行こう

もやしもん」という漫画に影響されて、日本酒をちびちび飲むようになった2009年。

そもそも日本酒は、なんだか強烈で、臭くて、後味もよろしくない。
そんな風に思っていました。
先日、友達と忘年会と称して居酒屋でワイワイやりながら勢い余って飲んだ日本酒は、まさにそんな味だった。
一言で言うと「安酒!マズー(−−;)」という印象。


しかし一言で「日本酒」と言ってもそれこそピンからキリまである。


現在気に入っているのは秩父菊水酒造さんの「秩父小次郎 大吟醸」。
daigin40-04.jpg

そりゃ、「十四代」とか「龍神丸」とか間違いなく美味しい酒も良いんだけど、なかなか入手できないお酒っていうのは楽しく、気兼ねなく飲めないもんね。


7/21、日本酒の右も左も分からないボクがドライブがてら、いきなり単身酒蔵に向かい対応して頂いたスタッフの方にこのような質問。
「日本酒をこれから始めてみようと思うんですが、なーんにも分からないので教えて下さい」
おおまかに言うと、こんな感じ(笑)
スタッフの綺麗な女性が「普段はどんなお酒を飲まれてますか?」と質問され、それに答えると「それでしたら、大吟醸あたりが・・・」との事。
(本当は日本酒の味見をさせて貰えるのだけれど、ボクは自動車で行ったので味見はできず。残念!!)
言われるがままに買って帰ったのが秩父小次郎大吟醸。
爽やかな吟醸香がして、飲んだ後も嫌みがなく、ついつい2口目、3口目・・・とおちょこが進んでしまう。
クセがないので、和食のお供にぴったり。

この瞬間から、秩父菊水酒造のファン。


そして12/15、買って帰ったのが「にごり生酒」。
にごりって、ちょっとクセが強そうだな〜と思っていた。

お味の感想。
炭酸ガスがお酒の中に溶け込んでいて、プチプチした感覚がちょっと楽しい。こりゃ、酵母のパワーかな??
大吟醸よりも甘口で米麹の味もしっかり残っている。
いわば、白酒に近い。
好きな人とダメな人がしっかり別れそうな味。

ボクも「こりゃ、全部飲みきれるだろうか?」と心配になってきた。
しかし、生酒の面白いのはここから。
麹が生きているので、開栓後どんどん味が変化していく。
酒瓶の中で麹や酵母が「かもすぞ〜!!」と元気に働いているのだ。
飲み始めて3日目に気がついた。
あれ?酸味が強くなって、最初よりもぐっと飲みやすくなってきたぞ。
あら、こりゃスイスイーっといけるね♪
結果として、ちゃんと飲みきった。
しかも、美味しかったという印象付きで。

人によって、開栓した直後がいい人もいれば、2〜3日してからが良いという人もいるだろう。自分のお好みのタイミングを見つけるっていうのも日本酒の楽しみ方である。


ガイドブックや漫画で起きたブームに乗っかるのも良いけれど、自分だけのお気に入りの銘柄を見つけるのもとっても楽しい。
余裕があったら酒蔵に脚を伸ばしてみよう。
posted by かずま at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

サンタクロース降臨

昨晩、メールが来てました。
サンタクロースさんから「こんばんにゃ。私からのお歳暮&クリスマスプレゼントがクール便で行きますので受け取ってください」
そして朝、届きました。

m_200912151758024b274f9a48b22.jpegm_200912151811594b2752dfd09b2.jpegm_200912151820234b2754d7ecc94.jpeg

カニー!干物〜!!そして、タラコ!!!
(日本酒は、自分で用意しました)

横浜FCを応援している姿と、スバル・インプレッサを愛する姿を見ていてくださったのですね!
ありがとうございます。サンタさん!!!


※このサンタさん、またの名を「餌付け係(副)」という名前があるそうです。
posted by かずま at 18:33| Comment(5) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

ベルギービール、ブーングース

昨日自宅で飲んだビールがベルギービールの「ブーングース」というやつ。
ビールは濃い緑色のボトルに入り、スパークリングワインと同じようにコルクが施され、そのコルクが針金で固定されている。
ここまでしないと、ポン!とコルクが飛んでしまうのだろう。

コルクを外し、グラスにブーングースを注ぐと、泡が凄い。
グラスの中で、泡8:ビール2という割合になりましたよ(^^;
しばし時間をおき、泡が大分減ったところで再びビールを注ぐ・・・を3回ほど繰り返し、ようやくビール7:泡3くらいの割合に到達。

味見を・・・と、泡が口に入ってきたら驚いた。
酸っぱい!!
泡が酸っぱい。
ビール本体も酸っぱい。
酸っぱいブルーベリーを口に含んだ時の様な、爽やかな酸っぱさ。
でも、甘みは無い。酸っぱさと、ほのなか苦みのハーモニー。
「酸味」に弱いボクでも、美味しく飲むことが出来た。
が、おつまみもなしにコレばっかり飲んでいたので、最後の方は辛かったですが(苦笑)

デイリーポータルZの、ほそいあやさんの記事で「サミクラウス」というランビック(ランビック地方で作られたベルギービール。ブーングースもこの「ランビック」にカテゴライズされる)を飲んだ感想が
「三杯酢」「カニ身につけてたべたい」「カルパッチョ」という感想がでた。参加者全員これはアリの判定。

という感想が出るような味である。

気になる方は、一度お試しあれ。

ベルギービール、ブーングース の続きを読む
posted by かずま at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のカクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする