かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2009年05月16日

「ノーカロリーコカコーラ」と「コカコーラZERO」

世の中には「似て非なる物」というのがある。
USB1.1とUSB2.0、サッカーとフットサル、スライムとメタルスライム。
そして今日、某Blogを見ていて「何が違うの??」という物を発見した。
「ノーカロリー コカ・コーラ」と「コカ・コーラZERO」の2つである。
no.jpgzero.jpg(左:ノーカロリー コカ・コーラ、右
:コカ・コーラZERO)

ノーカロリーの方は、名前の通りノーカロリーである。
そしてコカ・コーラZEROもノーカロリーである。
しかし、ここで注意して欲しい事がある。
ノーカロリーというのは100mlで5キロカロリー以下のものであれば、「0カロリー」と表示していいことになっているのだそうで、いくら飲んでも太らないという事は無いので要注意だ。

ということで「ノーカロリー(もしくはゼロカロリー)」のコーラが2種類世の中に存在しているわけだ。
あら、不思議。
2種類あるって事は何かが違うのだろう。
調べて見ると書いてあった。

zeroは甘みが強く炭酸も強くなっています。
full flaverと書いてあるのはそういうことです。
また男性をターゲットにしています。

ノーカロリーはその逆で炭酸は弱めで
甘みも抑えています。
女性がターゲットです。

2本を飲み比べれば分かります。



へぇ〜。ターゲットによって微妙に炭酸の強さとか甘みを変えてたんだ。細かい芸をやりおる。やるな、コカコーラ。

ちなみに、現在「ノーカロリー コカ・コーラ」は「コカ・コーラ プラス」に進路変更した模様。
ビタミンCをプラスし、レモン風味をつけて健康的で飲みやすいコカ・コーラ。こりゃ、女性が喜ぶ事間違いない。
「プラス」って言ってもカロリーはプラスされてないなんて素敵だね。ただし、500ml1本で約14キロカロリー入っているのをお忘れ無く。

14キロカロリーを消費するには、体重50kgの人で縄跳び2分だ。
posted by かずま at 18:27| Comment(7) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする