かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2009年03月29日

インプレッション>GH8インプレッサ

ついに我が家にやってきた新車。インプレッサ。

crsm0000000000.jpg

今まで乗ってきた13年落ちのGF6。
1.8Lの自然吸気エンジンだったのが、今回は2.0Lのターボエンジン(ハイオク仕様)。
そりゃ、違って当然だ。
まず、室内が非常に静か。今までのように大きな声を出さなくても室内で普通におしゃべりができる。
運転席は「コックピット」という言葉がちょうど良い感じ。
シートが「奥行き」「高さ」「背もたれの角度」が電動で調節できる。
ヘッドライトはキノセンHIDライト。とっても明るい。
各種メーターは赤いバックライトでの表示で、スポーツカーらしい雰囲気を演出。
エンジンを掛けるとすべてのメーターが一度「ゼロ」の位置からMAXまで上昇して、それから現状をドライバーに示す。
6速MT5速MTのシフトは、GF6に比べるとダイレクト感がアップ。シフトノブの形状も手にしっくりと馴染む。
一番違うのは、走ったときの加速感。
さすがターボ車だけあって、高速道路の料金所通過後にアクセルを踏んで加速するとNAとは伸びが違う。
3500回転程度でも十分に加速のフィーリングを楽しめる。
慣らし運転中なのでそれ以上に回転数を上げてはいないが、トルクの太くなる4500回転まで吹かしたらどんなに楽しいのだろう。

あとは、この優秀な車に人間が追いつけば良いのだが・・・
火曜日、頑張って運転の練習してきます。
posted by かずま at 19:03| Comment(9) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする