かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2017年07月26日

伯爵と呼ばれた男、ドラキュラ

梅雨が明け夏が来ると毎年鬱陶しいのが蚊。
痒くしなければちょっとくらい血を吸わせてやってもいいのに。
どうも、血を吸う蚊はすべてメスらしい。
ボクの知り合いのやたら蚊に刺される男は「今年の夏も女にモテモテだぜ!」と言いながら、今日も蚊に刺されている。

そして「血を吸う」といえば忘れてならないのは吸血鬼ドラキュラ。
夜になると霧になったりコウモリになったりして「処女の生き血」を求めて街を徘徊するという、誰でも知っている妖怪である。
最近は処女が少なくて大変かもしれないが、その話はおいておく。

人間は生きるために血液が重要である。
血液で体中に栄養を届けているからだ。
ドラキュラはこの「生命の源」の血を求めて彷徨っているのだろう。
同じように人間の体から出るもので「生命の源」と言えるものが1つある。
母乳。
赤ちゃんが生後しばらくの間母乳だけで生きていけるのは、母乳が赤ちゃんにとって完全食品であるからだ。
体内にいる間はへその緒を通して血液で栄養補給を行い、生まれてからは母乳で栄養補給を行う。
血液と母乳は「ほぼ同一」と言って良いと思う。

そしてドラキュラに話を戻そう。
ドラキュラは本当は母乳が飲みたいのではないだろうか。
しかし「伯爵」とまで言われた男が「おっぱい吸わせて♪」なんて恥ずかしくて言えるわけがない。
「おっぱい伯爵」と名付けられ、死ぬまで「おっぱい好き」と呼ばれ、下手すると墓石に「おっぱい好きな伯爵、ここに眠る」と書かれかねない。
そうはいかない。
まだ「吸血鬼、ここに眠る」の方がヤンキー的な格好良さがある分マシだ。
戒名に「母乳大好物居士」と付けられるより「夜露死苦居士」の方が良いではないか。
だから、仕方なく血を吸う事にしたわけだ。
「同じ成分だから・・・」と自分に言い訳して。

ということで、きっとドラキュラはおっぱい星人であった。
これが今回の結論である。
posted by かずま at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

幽霊に塩

夏と言えば幽霊。
肝試ししたり、怪談をしたり、何かと幽霊にまつわる話が多く聞かれる。
俳句で「幽霊」といったら夏の季語なんじゃないだろうか。

そんな幽霊への対策として有名なのは塩だ。
お通夜に行くと塩を渡される。
これを身体に振りかけて邪霊の憑依を取り除いて帰るわけだ。

でも、どうして幽霊には塩が効くの??


続きを読む
posted by かずま at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

ふるさと納税について考える

ここ数年、ふるさと納税が人気である。
ボクが住んでいる埼玉県飯能市でもふるさと納税のPRを行っている。


自分が生まれ育った市町村の為に支援をしたいという思いから税金の納付先を変えるというのが当初の流れだったと思うけれど、最近は「返礼品」目的という方も多くなっているのではないだろうか。
それはそれで、ルールの上でOKなので構わないのだけれどそれが行き過ぎるとどうなるか考えてみたい。



続きを読む
posted by かずま at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 考えてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

備忘録〜結婚できる人とできない人

784 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/07/05(日) 11:02:19 ID:1Dp5H6gj

電車の中、ボックスシートの向かい側に座った30代くらいの女性二人。
Aは婚活中、Bは既婚であるらしい。

A「何人か、紹介してもらって会ってみたけどねぇ…これって人はいないねー。
だから、みんな1回だけ会ってお断りしたよ」
B「そうなんだー。どんな人と会ったの?」
A「最初は、○○の社員」
B「いいじゃない!上場企業じゃん!」
A「でもすっごい禿げ。もうね、禿げ散らかしてるの」
B「禿げてる人って男性ホルモン強いらしいよ?頼りがいあるかもしれないよ?」
A「頼りがいあっても禿げじゃねぇ…みっともないじゃない。次は親の会社継いだって人」
B「いいじゃん!社長じゃん!社長夫人になれるよ!」
A「でもすっごいデブなんだよ。ぶっよぶよなの」
B「うーん、ダイエット一緒にできると思えば良くない?一緒にヘルシーメニュー食べれるし、
やせたらカッコいいかもしれないよ?」
A「デブと一緒に歩くのヤダし、アタシ料理できないしさ。次は○○の人」
B「知ってるよその会社!技術系じゃない?手に職ある人は食いっぱぐれないよ」
A「でも趣味が鉄なんだよ…旅行好きっていうから海外と思ったらねぇ…」
B「国内もいいとこあるよー。それに一緒に旅行行くと、いろいろ案内してくれるかもよ?駅弁とか美味しいの知ってるかもしれないし」

(以下、こういう会話が延々と続く)

A「いいよねー、Bはすぐ結婚できてさ〜」
B「きっとAもいい人に会えるって!」

なんとなく、結婚できる人と結婚できない人の線引きを見たような気がする…。
posted by かずま at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | もぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

少し未来の幸せについて

物事は積み重ねが重要だと言われている。
イチローのヒットの積み重ねが日米通算ですごい数になって、アメリカにおいても評価されていることから見ても、積み重ねが評価されるというのは日本だけの評価基準でない事が分かる。

人間の価値においてもある程度積み重ねが影響を与えているのではないかと思っている。

たとえば中学生の頃から可愛い服装を考え選んできた人。
20歳になるまで5年以上そのファッションについて考えてきているのである。
20歳の人が急に思いついたように「かわいい服装を自ら選んで身に着けたい」と考えても、選び方の点において長く続けている人に敵う可能性はとても低い。

では知識以外ならどうだろう。
当然筋肉なんかも動きやすいように動く癖がつく。姿勢がそう簡単に直らないのを想像すると分かりやすいと思う。
これはつまり、いつも笑顔の人は笑顔が顔に馴染み、しかめっ面の人はいつでも眉間にシワが寄ったような顔になりがちだと言えるのではないだろうか。

ということで、魅力的になりたい人は、5年後どんなふうに魅力的になりたいかを想像し、そこに向けて癖をつけていってみてはどうだろう?
目標に今よりも近づいた自分が5年後に待っているはず。

たたし1つ、大きなハードルがある。
40歳のボクが「セクシーマッチョになりたい」と言っても、寄る年波には勝てない。
比較的実現可能性のあるものを選ぼう。

ボクの目標は、笑顔の似合うじーちゃんである。
いや、5年後にいきなりじーちゃんになってるとそれは 困るけど。
posted by かずま at 12:42| Comment(2) | TrackBack(0) | もぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする