かずまのサイト「ふりえ永遠に」に戻るにはこちら

2017年10月21日

その一票どうするか

選挙が行われる度に何処かで叫ばれる選挙無効の声。
その主張の理由は「一票の格差が大きく違憲である」というもの。

・100人の住民がいる選挙区で3人立候補し1人が当選
するのと、
・1000人の住民がいる選挙区で3人立候補し1人が当選
するのでは、1票の重さが10倍違うではないか!これは平等ではない!
というのが主張の内容だ。
100人選挙区では51票集めれば間違いなく当選だが、1000人選挙区では51票集めたところで当選は望めない。

しかし、こうならどうか?
100人選挙区では投票率100%。
1000人選挙区では投票率10%。
どちらも51票集めると当選になってしまう。

何が言いたいのかというと、投票しないとか白票入れるというのは、投票した人の1票の重さを重たくする行為だということだ。
上の例だと、投票率10%(白票も投票していないものと見なす)の場合は1票の価値が10倍に膨らむ。
最近の投票率は50%位だから、全員が投票に行き有効票を投じた場合の2倍の価値があることになる。

投票率が下がれば下がる程、投票した人の1票の価値が上がっていく。


例えば「共和銀行から献金を受けた議員」が集まってできた「共和党」というのがあったとしよう。
ここだけは入れるのは嫌だ!
でも、他の政党にもマシなのが見当たらず入れたくない!!
よって投票行かない!!と決断すると何が起きるか。
→投票に行った人の1票の重さを増やすことになる。

選挙結果が
 共和党50%、国民党30%、猫の生活が第一党20%
の得票率だった場合、自分の一票を5:3:2に分割して投票したのと同じ事になる。
自分の意志とは無関係に。

投票しないというのはこういう事だ。
自分は✕✕党に入れてない!と主張しようが、第一党に最も協力したのと同じなのである。

さて、間もなく行われる衆院選。
その一票、どうしますか??
posted by かずま at 10:48| Comment(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

伯爵と呼ばれた男、ドラキュラ

梅雨が明け夏が来ると毎年鬱陶しいのが蚊。
痒くしなければちょっとくらい血を吸わせてやってもいいのに。
どうも、血を吸う蚊はすべてメスらしい。
ボクの知り合いのやたら蚊に刺される男は「今年の夏も女にモテモテだぜ!」と言いながら、今日も蚊に刺されている。

そして「血を吸う」といえば忘れてならないのは吸血鬼ドラキュラ。
夜になると霧になったりコウモリになったりして「処女の生き血」を求めて街を徘徊するという、誰でも知っている妖怪である。
最近は処女が少なくて大変かもしれないが、その話はおいておく。

人間は生きるために血液が重要である。
血液で体中に栄養を届けているからだ。
ドラキュラはこの「生命の源」の血を求めて彷徨っているのだろう。
同じように人間の体から出るもので「生命の源」と言えるものが1つある。
母乳。
赤ちゃんが生後しばらくの間母乳だけで生きていけるのは、母乳が赤ちゃんにとって完全食品であるからだ。
体内にいる間はへその緒を通して血液で栄養補給を行い、生まれてからは母乳で栄養補給を行う。
血液と母乳は「ほぼ同一」と言って良いと思う。

そしてドラキュラに話を戻そう。
ドラキュラは本当は母乳が飲みたいのではないだろうか。
しかし「伯爵」とまで言われた男が「おっぱい吸わせて♪」なんて恥ずかしくて言えるわけがない。
「おっぱい伯爵」と名付けられ、死ぬまで「おっぱい好き」と呼ばれ、下手すると墓石に「おっぱい好きな伯爵、ここに眠る」と書かれかねない。
そうはいかない。
まだ「吸血鬼、ここに眠る」の方がヤンキー的な格好良さがある分マシだ。
戒名に「母乳大好物居士」と付けられるより「夜露死苦居士」の方が良いではないか。
だから、仕方なく血を吸う事にしたわけだ。
「同じ成分だから・・・」と自分に言い訳して。

ということで、きっとドラキュラはおっぱい星人であった。
これが今回の結論である。
posted by かずま at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

幽霊に塩

夏と言えば幽霊。
肝試ししたり、怪談をしたり、何かと幽霊にまつわる話が多く聞かれる。
俳句で「幽霊」といったら夏の季語なんじゃないだろうか。

そんな幽霊への対策として有名なのは塩だ。
お通夜に行くと塩を渡される。
これを身体に振りかけて邪霊の憑依を取り除いて帰るわけだ。

でも、どうして幽霊には塩が効くの??


続きを読む
posted by かずま at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

ふるさと納税について考える

ここ数年、ふるさと納税が人気である。
ボクが住んでいる埼玉県飯能市でもふるさと納税のPRを行っている。


自分が生まれ育った市町村の為に支援をしたいという思いから税金の納付先を変えるというのが当初の流れだったと思うけれど、最近は「返礼品」目的という方も多くなっているのではないだろうか。
それはそれで、ルールの上でOKなので構わないのだけれどそれが行き過ぎるとどうなるか考えてみたい。



続きを読む
posted by かずま at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 考えてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

備忘録〜結婚できる人とできない人

784 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/07/05(日) 11:02:19 ID:1Dp5H6gj

電車の中、ボックスシートの向かい側に座った30代くらいの女性二人。
Aは婚活中、Bは既婚であるらしい。

A「何人か、紹介してもらって会ってみたけどねぇ…これって人はいないねー。
だから、みんな1回だけ会ってお断りしたよ」
B「そうなんだー。どんな人と会ったの?」
A「最初は、○○の社員」
B「いいじゃない!上場企業じゃん!」
A「でもすっごい禿げ。もうね、禿げ散らかしてるの」
B「禿げてる人って男性ホルモン強いらしいよ?頼りがいあるかもしれないよ?」
A「頼りがいあっても禿げじゃねぇ…みっともないじゃない。次は親の会社継いだって人」
B「いいじゃん!社長じゃん!社長夫人になれるよ!」
A「でもすっごいデブなんだよ。ぶっよぶよなの」
B「うーん、ダイエット一緒にできると思えば良くない?一緒にヘルシーメニュー食べれるし、
やせたらカッコいいかもしれないよ?」
A「デブと一緒に歩くのヤダし、アタシ料理できないしさ。次は○○の人」
B「知ってるよその会社!技術系じゃない?手に職ある人は食いっぱぐれないよ」
A「でも趣味が鉄なんだよ…旅行好きっていうから海外と思ったらねぇ…」
B「国内もいいとこあるよー。それに一緒に旅行行くと、いろいろ案内してくれるかもよ?駅弁とか美味しいの知ってるかもしれないし」

(以下、こういう会話が延々と続く)

A「いいよねー、Bはすぐ結婚できてさ〜」
B「きっとAもいい人に会えるって!」

なんとなく、結婚できる人と結婚できない人の線引きを見たような気がする…。
posted by かずま at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | もぶろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする